太陽光発電を設置する意味について

自分の家の太陽光発電の設置工事を終え、最初の点灯式で実際に発電メーターが回りだすと、とてもうれしいものです。そして自分の装置が太陽の光で休みなく電気をつくっていることに高揚感を覚え、自分で使う電気を自分で作っていることにこれまでにない何か誇らしい気分になります。小なりとはいえ自分の家が発電所になり、発電所長として、これまでお上のように恩恵を受ける相手であった電力会社と対等に売買契約を結ぶことの面白さにも気が付きます。対等な事業者としてのオーナージップを実感できることは、まさに「市民の手にエネルギーを」の第一歩を歩みだしたことを意味します。これまで電力会社の電気を購入する場合は、個人用か業務用かあるいは深夜電力かなどの選択肢しかなく、燃料源の選択はできませんでした。

展示会設営のみ行っている会社

胆嚢結石

M.cohenのネックレスを彼氏にプレゼントしたら、めちゃくちゃ喜んでくれました♪

普通のオシロスコープとデジタルものとの違い

剪定 ガーデンマイスター